たまに、グッとくる名刺がありますよね。その場でグッときているというよりは、後になって、なんとなく大切にしまってあるような、そんな名刺です。

名刺は、企業に属している社会人の方であれば、ほとんどの人が持ち歩いているものと言えるでしょう。名刺には、名前を覚えてほしいという意味が込められていますよね。人に会うたびに名刺を配る機会が多くなるので、とにかく量がいるのです。お客様や取引先の方と接する機会が多い職業であれば、たくさん刷っても、あっという間になくなるでしょう。
ですが、果たして、あなたの配った名刺は意味があったのでしょうか?配った相手に、「単なる紙」と思われているようでは、本来の目的から外れているような気がします。

印刷の仕方を少し変えるだけで、相手の印象に残りやすくなります。白黒にするのか、カラーにするのか。書体はどうするのか。写真は入れるのか。印刷に使う紙は?などなど、とにかくこだわれるポイントがいっぱいです。

「少し違うな」というデザインだと、そのことが、意外なほど強く印象に残ります。相手の印象に残らないというのは、ビジネスにおいては死活問題です。とにかく、他とは違うと思わせること。こうした小さな工夫の積み重ねによって、相手の記憶に残ることができるのです。

近頃は、自分でデータを入稿すれば、かなり安い値段で印刷をしてもらえます。2回目以降の注文になると、初回より更に割引になることもあります。
印刷の方法は店ごとによって異なりますので、ここだと思う店に依頼をかけましょう。スピードを重視するのか、仕上がりを重視するのかで、選ぶ業者は変わってくるはずです。

関連リンク

高品質なハガキ印刷をしてくれるのはこちらの会社です!:DM本舗|DM本舗
人目を惹きつける表札を取り付けよう|日本エクステリア
名刺の制作・印刷を依頼するなら| デザイン百貨店
水に強いストーンペーパーのことなら|かさまーと
ビジネスで重要な役割を果たす名刺の印刷はこちらで!【ライオン名刺】

カテゴリー
  • カテゴリーなし